ホーム

白峯寺 新着情報

冬至 星まつり護摩祈願のご案内

当山恒例の星祭のご案内を致します。例年のごとく当山においては下記の日時にて星祭の護摩法要を祈願いたしております。

◎12月22日(日) 午後2時頃より 護摩堂にて

星祭とは、人の運命を司っている北斗七星、九曜星、二十八宿のそれぞれの各星を供養して、

厄を除き、運を開き、福を招き、健康に生活出来ますよう家内安全、身体健康、所願成就を祈願することです。

12月22日(冬至)、及び2月3日(節分)に相伝の星供秘法を厳修し願主各位の当たり年の星を祀り厄除開運、除災招福を祈念したのち、お守りを授与しております。

お守り等の準備がありますので、ご希望の方は本年度当たり星の吉凶(数え年)を、「九星吉凶表」を参考になさり、お問い合わせの上、早めにお申し込みください。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

紅葉のご案内

現在の紅葉の様子です。

写真は門前と庭のもみじですが、例年この辺りは周りより早く色づくので今が見頃となっております。

境内の中や参道のもみじはまだまだ緑が多く、このままの天気が続くと境内全体では来週中頃から12月初週までが見頃となりそうです。

境内の紅葉の様子は随時SNSでお知らせいたします。



↑庭園のもみじ



↑門前のもみじ

※門前駐車場大変混雑いたしますので、長時間駐車の方は第2・3駐車場を利用下さい。

※参拝者の多いところでの三脚の使用は控えてください。

※参道以外の箇所には立ち入らないようにしてください。

※撮影の際はお参りの方の妨げにならないように、マナーを守って撮影を行ってください。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

霊峰五色台三霊場参りのご案内

お大師さま(弘法大師・空海)の霊跡を巡る四国遍路の巡礼路は約1200キロにも及ぶ壮大な道のりで、最初から1200キロを旅するということは大変です。
そこで、四国で最も交通に便利な高松で、お遍路の醍醐味を気軽に一日で体験していただくことができる「霊峰五色台三霊場参り」をご案内いたします。
この三霊場参りのお遍路は、古刹の魅力と自然的景観に恵まれ、お遍路のエッセンスと醍醐味を徒歩で1日、車で半日という短い時間で実際に体感することができます。
短時間で用途に応じた本格的な遍路を体感出来ますので、これから四国遍路を考えている方、訪日外国人の遍路体験として最適です。
そしてこれを機に四国一周のお遍路をはじめるきっかけになれば幸いです。

霊峰五色台三霊場参り納経帳は令和元年11月1日よりお求めいただけます。

①霊峰五色台三霊場参り専用の納経台紙を授与いたします。
※専用の納経台紙は100円で80番國分寺、81番白峯寺、82番根香寺のどこでも授与いたします。
※納経台紙には四国八十八ヶ所霊場の御朱印(納経印)以外は行いません。



②霊峰五色台三霊場参りガイドマップを授与いたします。
※ガイドマップは無料です。



③専用の納経台紙で全てお参りし終えると記念の特製缶バッジを授与いたします。
※缶バッジは80番國分寺、81番白峯寺、82番根香寺のどこでも授与いたします。
※缶バッジは専用の納経台紙に三ヶ寺の納経を行った方のみに授与いたします。



五色台三霊場参りについて
四国霊場のうち香川県の中程、五色台の山域にある80番國分寺、81番白峯寺、82番根香寺の3つのお寺をお参りすることで、本格的な遍路体験を手軽に1日で行えます。
五色台は弘法大師以前より信仰されてきた霊峰であり、その周囲には今なお寺社や霊跡が数多く現存しています。
五色台とその麓に位置する3つの霊場寺院は多数の歴史的文化財を有し、お寺を繋ぐ遍路道は昔の様子を現代に伝える大変貴重な景観を保つことから、国の史跡にも指定され、「歴史の道百選」にも選ばれています。
この五色台は四季折々の豊富な自然に恵まれ、風光明媚なところとしても知られており、季節ごとに異なった美しい景色を見せてくれることでしょう。
この機会に、霊峰「五色台」を訪れ、歴史と自然の中に身を投じて、日常から離れた特別な一日を体感してください。


その他ご不明な点がありましたら下記までお問い合わせください。
お問合せ先:80番國分寺 TEL:087-874-0033
81番白峯寺 TEL:0877-47-0305
82番根香寺 TEL:087-881-3329


  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

大般若転読お加持法要のご案内

11月3日(日)13時より 頓証寺殿にて大般若経転読会を行います。

※お加持申込みの方にはこの日限定のお加持祈祷札をお授けします。

○当日受付について
大般若経転読法要のお加持をご希望される方は、当日11時頃より白峯寺頓証寺殿前のお札場において受付致します。
早朝からご参拝の方は護摩堂内において、事前にお申し込みいただけます。
また、当日ご参拝に来れない方でお加持札をご希望の方は事前にお申し込みください。
郵送、FAXでもお申込みいただけますので、詳しくはお問い合わせください。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

白峯寺調査報告会開催のご案内

香川県では「四国八十八箇所霊場と遍路道」の世界遺産登録を目指し、霊場寺院の調査を行っており、これらの成果を広く地域の方々に知っていただく機会として、現地で講座と見学による調査報告会を開催します。

今回は、近年に境内建造物の多くが重要文化財に指定された白峯寺の境内の変遷や文化財などについて報告するとともに、世界遺産を目指す県の取り組みについても紹介します。

日時:令和元年10月5日(土)13時~15時30分

定員:100名(先着順)

参加費:無料

申込方法:電話、FAX、メール

申込・問合先:香川県文化振興課
TEL:087-832-3783
FAX:087-806-0238
mail:bunka@pref.kagawa.lg.jp

今回の調査報告会に限り、普段は一般公開していない

客殿(特別講座会場です)
本堂、大師堂(特別内拝できます)
頓証寺殿、薬師堂(特別公開します)

を内部まで見学することができます。

講座では白峯寺を実際に調査した京都大学名誉教授(山岸常人氏)や県の調査官のお話を直に聞くことができます。

また、報告会終了後には今回に限り白峯寺宝物館の展示品の説明を希望者には特別に県の調査官にしてもらえます。

詳しくは下記をご参照ください。
香川県文化振興課 白峯寺調査報告会紹介ページ
https://www.pref.kagawa.lg.jp/…/di…/w2gpyb190821102527.shtml

この機会にぜひお申し込みください。

 

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

御正宸祭のご案内

宮内庁が定めている崇徳天皇の縁日である9月21日に、白峯陵にて宮内庁主催の御正宸祭(ごしょうしんさい)の儀が執り行われます。

この日に限り奥の柵まで解放され、鳥居をくぐり中の白砂上で参拝することができます。

年に一度限りの行事ですので、みなさんお誘いあわせの上、お参りください。

開催日時:9月21日(金)午前9時より

開催場所:白峯陵

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

千日会のご案内

7月10日(水) 午前10時より

場所:白峯寺本堂

千手観音様ご縁日法要(4万6千日の功徳日)また年に1度の御開帳の日で、

この日のみの限定の御本尊のお守り札も授与しております。

また当日本堂にて経木供養、灯明供養受付いたします。

参道、境内の紫陽花が満開の季節です。

年に一度の観音様のご縁日ですので、皆様お誘い併せてお参り下さい。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

賜弘法大師号1100年記念事業のご案内

2020年はお大師さまが醍醐天皇より大師号を賜り1100年の記念年を迎えます。

その記念に(一社)四国八十八ヶ所霊場会では各寺院の御詠歌が記された御詠歌札を、

納経された方(軸、帳面のみ)に授与いたします。

別途ご希望の方には100円で授与いたします。

授与期間は2019年5月1日(水)~2021年12月31日(金)となります。

この機会にぜひ四国八十八ヶ所霊場をお参りください。


↑パンフレット表面


↑パンフレット裏面

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

瀬戸内国際芸術祭県内関連事業のご案内

讃岐の23ヶ寺のみで行われる瀬戸内国際芸術祭県内関連事業のご案内です。

瀬戸内国際芸術祭が行われる2019年4月26日(金)~11月4日(月)までの期間に
四国霊場の讃岐の霊場23ヶ寺を巡ると讃岐の名物、名勝をイメージした自分だけの
「PUSUPUSU」アート作品が出来上がります。

この機会にぜひ讃岐の霊場をお参りください。

※プスプスをもらえる条件は各寺院で違いますので、

チラシをご確認いただくか、各寺院にお問い合わせください。


↑パンフレット表面



↑パンレット裏面

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

桜の開花情報

現在の桜の開花は八分咲き程度です。


↑参道


↑参道


↑参道


↑白峰展望台付近

※門前駐車場大変混雑いたしますので長時間駐車の方は第2、3駐 車場を利用下さい。

※参拝者の多いところでの三脚の使用は控えてください。

※参道以外の箇所には立ち入らないようにしてください。

※お花見の際に飲食をした場合はゴミなどは各自でお持ち帰り頂き、清掃美化にご協力ください。

後から参拝する方の迷惑にならないように心がけましょう。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る